山村若佐紀 上方舞の会(昨年の話題)

昨年の話題ですが、平成29年8月に国立文楽劇場にて山村若佐紀・上方舞の会『師籍60年記の会』が催されました。

若佐紀先生の門人としては3年に一度の大イベントで、先生も弟子の私たちも額に汗してお稽古を重ねて当日を迎えました。

特別ゲストにはご宗家の山村友五郎先生にお越しいただき、後見としてご子息の若先生と侃先生のお二人にもお越しいただきましたので、とても華やいだ雰囲気に包まれていたように感じました。

 

頂いた曲は、谷崎潤一郎作の『春琴抄』を地唄にした同名の楽曲で、振付は若佐紀先生の作品です。先生の振付は春琴が抱いている心の葛藤と共に、目に障害を持つ方々を深く理解した作舞になっていることが稽古をする度に伝わってまいりました。

春琴抄

 

 

 

地方には菊原光治先生、菊寺智子先生と菊萌文子先生。尺八に谷保範先生。

心に響く優しい音色は、やはり春琴のモデルとされる菊原初子先生と共にお過ごしになられていた先生方ゆえのものなのでしょうか。とにかく感動的な演奏は春琴の心そのものでした。

春琴抄

 

ご指導くださった若佐紀先生をはじめアドバイスを頂いた先生方、お越しくださった皆様に心より感謝を申し上げます。

また舞う機会を頂けたらと思う印象的な作品でした。

 

玉出教室の門下生。塩田美子さんにも地唄『小簾の戸』でご出演頂きました。

小簾の戸

 

楽屋にて

若隼紀

 


笹の露 舞踊協会関西支部の会

先日、日本舞踊協会関西支部の『舞踊の会』に出演させて頂いた時の写真を頂きましたのでご報告させて頂きます。

今回は大変光栄なことに、師匠である若佐紀先生と舞台をご一緒させて頂く事が出来ました。

ご指導くださった先生方と応援くださった皆様に心から御礼申し上げます。

 

若佐紀先生を中心に、弟子の筆頭である若悠紀先輩と共に舞った地唄『笹の露』。

『笹の露』の笹とはお酒の事を意味します。

お酒の徳を称える内容で、「酒が無ければただの人」なんて言う面白い歌詞が出てまいります。

硬い雰囲気にならないようにと、先生は冗談を言いながら毎回楽しい雰囲気でご指導くださいました。

笹の露

 

 

先輩の柔らかい雰囲気を見習いながらお酒を頂きます。

笹の露

 

笹の露

 

本番を終えて楽屋の廊下で記念撮影。

先生と並んで写真を撮って頂く機会って実はそんなにありません。

忘れずにお願い出来て良かったです。

若佐紀先生

 

最後の一枚は、、、

写真屋さんがこんな瞬間を写真に収めてくださいました。

有難うございます。

笹の露

 


2018 隼紀会 大阪倶楽部 ご報告

こんにちは昨夜はすごい雨でしたね。

桜の花も散ってしまったことでしょう。

今年の桜は、すごく早くてあっという間でしたがとっても綺麗だったように感じました。

 

今日は先月、淀屋橋にある大阪倶楽部さんで催しました教室のお浚い会のご報告です。

大阪倶楽部

 

昨年の出来事の報告がまだですが・・・、追々ご覧頂けたらと思っております。

平成30年3月3日(土)春らしい綺麗な青空の淀屋橋。

今年も沢山のお客様にお越しいただき、暖かい雰囲気の中で舞を舞わせて頂くことが出来ました。

ご協力いただいた皆様とお越しくださったお客様に心より御礼を申し上げます。

 

幕開きは若佐紀先生のご挨拶から。

この日を迎えるまでにも、随分とお気遣いや励ましのお言葉をかけて頂きました。有難いですね。

若佐紀先生

 

今年の男舞は長唄『新曲浦島』

新曲浦島

 

 

昨年の秋にイタリアでも披露させて頂いた地唄『鐘ヶ岬』

菊央雄司さんとお弟子さんの菊央梛ゆかりさんの地方で舞わせて頂きました。

鐘ヶ岬

菊央

 

 

この日のためにお稽古を重ねた門下生のみんな。無事に終わってホッとした良いお顔です。

集合写真

 

 

最後はみんなで乾杯

楽しい時間はあっという間。感謝感謝の一日でした。

宴会

 

有難うございました。

来年も皆様のお越しをお待ちしております!

 


第11回 隼紀会 今年も大阪倶楽部で開催します!

昨年、10周年の記念として開催させて頂いた『隼紀会』は皆様のご来場とご声援のおかげで、大変賑やかな素晴らしい催しにして頂きました。心より深く御礼を申し上げます。

そのおかげもありまして、今年も引き続き淀屋橋の大阪倶楽部さまにて開催させて頂ける事になりました。

 

大阪倶楽部は大正13年に建てられ、第二次世界大戦の戦火を免れ当時の姿をそのままに残す大変貴重な建築物として知られております。

 

皆様に楽しいひと時を過ごしていただけるよう若佐紀先生に監修を頂きながら、門下生一同で一生懸命にお稽古を重ね準備に勤しんでおります。ゲストに演奏家の菊央雄司先生とお弟子さんの菊央梛ゆかりさんにも出演していただけることになりました。

年度末で何かとお忙しい時期での開催ではございますが、皆様には是非ともお運び頂きたくお待ちいたしております。

宜しくお願い申し上げます。

 

隼紀会一同

 

 


上方舞

 

 

 

会場

大阪倶楽部・4階ホール

大阪市中央区今橋4丁目4-11
(地下鉄 淀屋橋駅9番出口より西へ100m)

日程 2018年 3月3日(土)
時間 14:30開演(開場は30分前)
料金 入場無料(自由席)
演目

長唄『新曲浦島』山村若隼紀 

地唄『蛙』菊央雄司

地唄『鐘ヶ岬』山村若隼紀

他 門下生一同 

問合せ

若隼紀・隼紀会 06-6616-7197

wakahayaki@gmail.com


第四回 しの乃め会

ご無沙汰をいたしております。寒さ厳しい折、皆様いかがお過ごしでしょうか。

今週、日本舞踊協会関西支部の東ブロック主催『しの乃め会』に出演をさせて頂くことになりました。

 

今回は初めて花柳流さまの長唄『松竹梅』をお勉強させて頂きます。

松を花柳勲麿先生、竹を藤間皓也さん、梅を若隼紀の三人立ちです。

 

日本舞踊と上方舞。同じように見えますが、やってみると体の使い方が随分違いました。

ちょっと苦戦しておりますが、すごく新鮮です。

楽しく踊ることが出来たら、、、と思いつつ頑張っております。

 

色々なお流儀の舞踊を一度に楽しめる会です。

入場無料ですので、日本舞踊が初めての方も気軽にお立ち寄りください。

お待ちしております。

 

 

しののめ

 

 

 

会場 国立文楽劇場 小ホール
(大阪市営地下鉄 日本橋駅より徒歩3分)
日程 2018年 2月18日(日)
時間 11:00開演 開場は10:30
料金 無料(自由席)
演目

長唄『松竹梅』ほか

問合せ しの乃め会(TEL 06-6722-3708)
山村若隼紀・隼紀会(TEL 06-6616-7197)
e-mail   wakahayaki@gmail.com


サイト内検索