笹の露 舞踊協会関西支部の会

先日、日本舞踊協会関西支部の『舞踊の会』に出演させて頂いた時の写真を頂きましたのでご報告させて頂きます。

今回は大変光栄なことに、師匠である若佐紀先生と舞台をご一緒させて頂く事が出来ました。

ご指導くださった先生方と応援くださった皆様に心から御礼申し上げます。

 

若佐紀先生を中心に、弟子の筆頭である若悠紀先輩と共に舞った地唄『笹の露』。

『笹の露』の笹とはお酒の事を意味します。

お酒の徳を称える内容で、「酒が無ければただの人」なんて言う面白い歌詞が出てまいります。

硬い雰囲気にならないようにと、先生は冗談を言いながら毎回楽しい雰囲気でご指導くださいました。

笹の露

 

 

先輩の柔らかい雰囲気を見習いながらお酒を頂きます。

笹の露

 

笹の露

 

本番を終えて楽屋の廊下で記念撮影。

先生と並んで写真を撮って頂く機会って実はそんなにありません。

忘れずにお願い出来て良かったです。

若佐紀先生

 

最後の一枚は、、、

写真屋さんがこんな瞬間を写真に収めてくださいました。

有難うございます。

笹の露

 



サイト内検索