上方舞 夏の会のご報告

秋も深まり、黄色や朱色に染まった街路樹が目を楽しませてくれる心地よい季節になりました。

さて今回は、今年の夏に開催いたしました若佐紀先生主催の『上方舞 夏の会』のご報告です。

今年の夏は自然災害が頻発し、気持ちが休まることのない夏だったと思います。

そんな中でもほんのひと時、舞台に立たせて頂ける環境に感謝の気持ちを感じた会になりました。

 

今回は地唄『ままの川』を舞わせて頂きました。

思いのままにはいかない遊女の切ない心を、川の流れに例えた唄になっています。

これまでも何度か舞台で披露させて頂いておりますが、毎回違った印象を感じます。

ままの川

 

 

門下生の辻優佳さんも地唄『花の旅』で出演してくれました。

花の旅

 

 

おまけですが、先日お茶席で亭主をさせて頂いた時の写真です。

拙すぎる亭主で、サポートして頂いてばかり・・・。

先生と先輩の優しさに胸がいっぱいになりました。

若隼紀

 



サイト内検索