今年の主な出演・前半

11月も後半に入り、そろそろ年末に向けての準備の時期ですね。

今年もほとんどブログを更新しなかったので、まとめて振り返ってみようと思います。

心に残る出来事が沢山あった一年ですので二回に分けて書かせて頂きます。

 

1.まずは1月、いつもお世話になっている地歌の菊央雄司さんと尺八の谷保範さんの合同お浚い会(山本能楽堂)にゲストでお呼びいただいた時の写真です。一緒に写っているのは僕と同じ舞の立方でゲストの楳茂都梅弥月さん(右)と吉村なをさん(中央)です。

先生方もお弟子さんも皆さん魅力的で素敵な方ばかりなので、とても楽しい一日でした。

トリオ

 

 

 

 

 

2.つづいて3月に出演させて頂いた、日本舞踊協会関西支部が主催の舞踊の会(国立文楽劇場)です。

 

関西を拠点に活動されている、各お流儀のお家元様や流派を代表する先生方が多数出演される舞台なので否が応でも緊張が高まります。普段お話する機会のない先生方から、舞台前にもその後もお声をかけて頂ける貴重な機会です。そのすべてが僕にはとても特別で有難いお言葉ばかりでした。

ご関係の先生方、お越しいただいた皆様に心より御礼を申し上げます。

萬歳

 

 

 

今回は地唄『萬歳』をお勉強させて頂きましたが、選曲は初めて自分で決めました。

もちろん先生からのお許しを頂いたからですが、舞台の数日後、若佐紀先生からの『良い選曲をされましたね。』という一言がとても心に残っています。

萬歳2

 

 

 

 

 

 

3.次は5月に開催いたしました『隼紀会10周年記念の会』です。

 

僕が初めて教室を開かせて頂いたのが平成13年の秋、場所は阿倍野でした。

平成15年には京都の河原町にもお稽古場を開きました。教室も軌道に乗だした平成19年、師匠の若佐紀先生からこれらの教室を『隼紀会』と名付けて頂きました。『微力でもお流儀の発展に貢献できるように頑張りなさい』とのお心からでした。

 

 

ご協力いただいた大阪倶楽部様。歴史を感じる美しい建築です。(淀屋橋)

 

 

 

5月、新緑のイチョウ並木

御堂筋

 

 

 

あれから10年。若佐紀先生のご挨拶でめでたく幕が上がりました。

 

 

 

東日本大震災復興の願いを込めて常磐津『松島』を舞いました。

 

 

 

いつもお世話になっている菊央雄司先生もお祝いに駆けつけてくださり地唄『江戸土産』をご披露くださいました。

 

 

 

後半は上方舞らしく地唄『花の旅』も。

 

 

 

お稽古に来たくれている弟子のみんなも一生懸命にお稽古を重ねた結果、このように晴れ晴れとしたお顔になりました。

応援くださった皆様とお越しいただいた皆様に、深く御礼を申し上げます。有難うございました。

 

 

 

記念の会が終わると色んな思い出がよみがえり、また感謝の気持ちで心がいっぱいになりました。

後半に続く。。。

 



サイト内検索