日本芸能道中シリーズ(昨年の話題)

大阪北部での地震から二週間ほどが経ちました。

被災地域の皆様と犠牲になられた方とご遺族様に対する物質的かつ精神的なケアが急がれるなか、各地で震度4以上の地震が相次いで発生しているとの事。余震の不安も残ったままですが、まずは被災地域の一日も早い復興をお祈り申し上げます。

 

さて今回は、ちょうど一年ほど前の話題です。

若佐紀先生のご出演のお話ですが、掲載しても大丈夫とのご承諾を頂いておりますので、是非ご覧ください。

 

昨年の平成29年7月、師匠である若佐紀先生が石川県立音楽堂にて地唄『道中双六』を舞われました。

こちらは、文化庁による活性事業の一環で行われている『日本芸能道中』シリーズの第3段として催された企画です。

 

人間国宝の野村万作先生や清元梅光先生もご出演で素晴らしい企画でした。

若佐紀先生

 

僕も当日の朝、金沢行のサンダーバードに乗り込み応援に向かいました。

当日は、大雨の影響で東京からの大型バスが2台も会場に到着ができなかったほどでした。

金沢

 

しかし、先生の『道中双六』は軽快な雰囲気で大きな雨雲も吹き飛ばす勢い。

地唄『道中双六』は京都から江戸までの双六遊びを題材に、各地の名所や名物を紹介する旅の手引書のような内容です。

さながら東海道の宿場町を巡る旅をしたような気持になりました。

見ごたえのある先生の舞台には、客席から惜しみない拍手が送られていました。

 

 

楽屋での先生

山村若佐紀先生

この日、深い紺色の衣装を選ばれた先生。

選ばれた理由について、『長い道中で着物が汚れても目立たなくて済むかと思ったの』とにっこり微笑まれました。

 

次の舞台も楽しみにしております。



サイト内検索